J-GIRL POP WAVE -LIVE 20150222- @Zeppブルーシアター六本木 2/22


こんばんにゃ!

寒いよねー!

 

 

そういう事で。

今日は久しぶりのドロシーさんであり女子流ちゃんです。

昨年立ち上げられたJGPWですけど。

プロトタイプを経て今日が所謂本番という意識で参加してきました。

 

よくよく考えてみたら。

ドロシーさんのちゃんとした箱ライブって2013年8月の仙台Rensa以来みたいです。w

更に女子流ちゃんに関しては2012年2月のベルサール秋葉原のGirl’s Revue以来。

箱ライブだと2011年11月の渋谷公会堂でのアイドル横丁祭1st以来みたいです。w

すっかりご無沙汰ですよね!w

 

現地着は16:45頃。

既に開場しており開演まで15分という感じですが。

指定席なので余裕かましておきます。

B-bskT3CYAAegv0

暫し意味もなく外でウロウロしておきます。w

その後に入場。

入場時にお目当てのユニット名を訊かれます。

ここでは敢えて隠しておきます。w

 

 

ホール内に入ると結構傾斜が緩やかな印象。

基本的に座りでの観賞用のホールなのでこういう感じなんでしょう。

でもZeppになったのでスタンディング有のようです。

今回は11列下手という席だったので後ろ通路という感じ。

椅子の間隔がちょっと狭いかな?

でも椅子の作り自体はいい感じです。

暫し待ってると開演です。

 

 

初めはGALETTeさん。

3人ダナーとか思いながら見てたら。

一曲目終わりであかりん登場!

あかりんさんとも1年半ぶりとかですよね。w

初のGALETTeさんなんですけど。

個人的にはちょっと違うかな?

ダンススキルは良いとは思うんですけど。

振り付けが宜しくないかな?

頑張ってる感だけは伝わってきましたけどそれだけという印象。

あと曲がボクちゃん的にはハマらなかった。

故に振り付けなんかもしっくりこなかったんだろうと思う。

曲のアレンジというかメリハリが無いので普通に右耳から左耳に流れちゃう感じ。

他の2組と比べちゃうと明らかに力不足な印象。

ボーカルとダンス(スキル)はなかなか良かったと思います。

 

GALETTeさん終わりで暫し休憩。

なんですけど。

ホール内の明かり全消し状態での休憩なので。

身動きとれねぇ!w

 

次がドロシーさん。

久しぶりなんですけど今回も良かったですね。

特にるーちゃんのダンスが良かった!

今まではピョンピョコ跳ねてる感じだったんだけど。

その辺りはちょっと控えめになりかわいらしさが出てた。

いい動きしてました。

それとボーカルが良かったですね!

オケの音響が宜しくなかったんだけど。

ボーカルは非常にクリアないい音だったのもあるんだろうけど。

るーちゃんの声が一段と良く感じて耳に残った。

一方前回のリリイベで絶賛したみもりさんですが。

今日は手抜き感満載だった。

動きは一見よく見えるんだけどかなりショートカットしてた。

つまりは動きの一部を端折っちゃうんですね。

隣にるーちゃんとかいると良くわかるんだけど。

動き出しが2テンポくらい遅れてるのね。

それを取り戻すためにショートカットしてるという感じ。

これは握手会でダメ出ししようかと思ったよね!

しなかったけど。

というか握手会行かなかったけど。

ドロシーさんの沸き曲って言ったら「デモサヨナラ」だったりしますけど。

今は「恋は走りだした」なんですね!

これかかった途端自然に体が動き出しちゃいましたよ!

楽しいよねー!

 

トリが女子流ちゃん。

ホントに久しぶりなので。

非常に楽しみにしてました。

最初に「十字架」歌ってくれたので。

それだけで満足しちゃってましたが。

もうこれでもかってくらい繰り出す感じが懐かしくもあり成長してる感もあり。

ものすごく楽しかった!

なんつーか。

ひぃちゃんカワイイ!

ひぃちゃんのおへそペロペロしたい!

つーかもうひぃちゃんダナー!ダナー!

成長したひぃちゃんペロペロ!

これに尽きますね!

相変わらずなのはゆりちゃんのMC。

この感じやっぱ好きダナー!

 

 

最後に3組揃って一言など。

色々と突っ込みありボケありお約束ありで。

最後まで楽しかったです。

ライブ終わりで特典会があったのですが。

ボクとか認知厨じゃないし楽曲派なので。

サクッと帰宅しちゃいますよね。

まぁちょっと女子流ちゃんというか。

ひぃちゃんとお話ししたかったりもしたんですけど。

 

 

JGPWなんですけど。

結局のところはただの対バンだったのが残念。

なんかユニット別で分けてライブステージとかはもういいと思うんですよね。

というかこういう形なら別にJGPWじゃなくてもいいんじゃないか、と。

アイドル横丁とかアイドル甲子園とかと変わらない。

期待してたのはどのユニットがどのタイミングで出るのかわからないような。

例えば。

ドロシーの曲がかかったのに出てきたのが女子流で。

そのまま半分ほど歌ったところでドロシーさん登場で入れ替わる的な。

そういうのを3組ランダムで繰り返して進むようなライブを期待してたんですよね。

なんかやっぱり新しいムーブメント的なのを生み出す期待感があるので。

新しい事やって欲しいなーと思うんですよ。

そういう意味では期待外れなライブではありました。

でもユニット単体の魅力は再確認できるいいステージではありました。

 

 

ひとつ気になったのが。

オケの音響がこもった感じでとても宜しくなかった。

無理やり大きい音出してるような感じでそれが結構気になっちゃいました。

簡単に言うと質の悪いイヤホンで無理やり臨場感出そうと大きい音出してるイメージ。

結果こもった大きい音が出てるだけでライブ感が台無しな感じ。

ただ。

ボーカルのマイク音声だけはとてもきれいな音だった。

これは何なんでしょうかね?

あまりそういう点は詳しくないんですけど。

結果オケの音源が悪かったとか?

 

 

3月15日にはドロシーさんの単独公演が同会場であるので。

その辺しっかり調整なり直すなりして欲しいですな。

取り敢えず。

ひぃちゃんダナー!