PASTEL CALLA単独公演 in 東京アイドル劇場 @J-SQUARE SHINAGAWA


こんちゃ!

今日は風が物凄かったですねー!

取り敢えず。

なんだかんだで2月初現場!w

今年に入ってからは3現場目!w

 

 

そういう事で。

今日は本日オープンした「東京アイドル劇場」に行ってきた。

現地着は18:00頃。

品川駅の港南口から歩いて1分ほどのところにあるJ-SQUARE SHINAGAWAが会場です。

一階の入口近辺にC-STYLEさんのヲタさんが多数いました。

カッコですぐわかります!w

階段を上がるとそこがJ-SQUARE SHINAGAWA。

その階段辺りに列というか開場待ちのお客さんが屯ってます。

開場時間になるとスタッフが整理番号順に呼び込みして入場。

割り込みなどの心配が無くてとてもスムーズです。

DSC_0046

会場内部。

 

 

椅子席が前に3列。

その後ろが立ちエリアという形。

じっくり見たい人は椅子席で。

ハッスルしたい人は立ちエリアで。

いい具合で割り振りできてます。

座りが少ないとも思ったんですが3列がベストだな、と思った。

フロアがフラットなので3列以降は逆にストレスになるかもしれませんからね。

見れない動けないという感じで。

なのでこれがベストなんだと思う!

 

 

20分ほどしてから開演。

定刻通りです。

SEから入ってパステルカラーのメンバー登場。

初見ですが期待度高いです。

ステージに登場した時にはステージ上のライトが落ちていたので。

メンバーがシルエットで見えたんですけど。

これがかっこいい!

線が細いので立ち姿が決まるんですね。

ライブスタート!

と思ったら。

しょっぱなのみゅうさんがマイクオフのまま歌いだして。w

慌ててオンにするとか面白かったです!w

 

 

パステルカラーのステージなんですが。

最初はカワイらしい振り付けとかかなと思ってたんですけど。

意外にもセクシー路線というか。

なかなか本格的な振り付けで非常に良かったです。

曲もキャッチーで耳になじみやすい良曲だと思います。

ダンスはかなりのモノだと思います。

ただダンススキルを見せつけるというものではなく。

簡単に言うと「魅せる」ダンスですかね?

カワイイでもなくカッコいいでもなく。

魅せるというのが一番わかりやすい表現かな。

とても好きなダンスでした。

これはまた観に行きたいです。

 

 

ライブ終わりで物販。

ライブステージ背面に扉があってそこから別部屋に移動。

その時点でドリンクの引換が出来ます。

移動がとてもスムーズ。

ドリンクも基本ソフトドリンクですけど。

ドリンクコーナーのお姉さんがカワイイです!

じゃなくて。w

どこぞのライブハウス(600円とか500円)よりもちゃんとした飲み物提供してくれます。

これで300円ならお得すぎです!

物販スペースもちゃんとした広さがあって。

ストレスなく物販を楽しめました。

聞くところによると。

「神宿」さんの物販時は80人ほどいたためちょっとカオスになりかけていたそうですが。

その辺りは仕切り等設けて並び列と待機場所をうまく仕切れれば。

問題ないんだと思います。

ボクの参加した回はそこまで混んでは無かったので。

とても快適に物販に参加できました。

 

 

物販ではCD3種購入したので。

サインと全員握手。

それに撮影会に参加できました。

握手会の感想。

まずはまろんちゃん。

実は一番年下だと思ってたんですけど。

一番年上でした。w

対応は明るく元気で返しもうまい。

出来る娘さんです!

ダンススキルが一番高いですね。

次があやかちゃん。

一番年上かと思ってたんだけど。

一番下でした。w

ボクちゃん見る目無いかも。。。

対応は良いです。

雰囲気は女子流のひぃちゃんっぽいかな?

仕草がかわいらしいですよね。

メンバーの中で一番のスタンダードという印象。

次がみゅうちゃん。

かなり天然入ってる感じですかね?w

ふわふわした感じでかわいらしいです。

対応も良くほわわ~んという印象。

それぞれ個性があって全体的にバランスの取れてるユニットでした!

また運営の方もちゃんとしていて不明な点などあってもしっかり対応してくれました。

仕切り方もなかなか上手い。

というかパステルカラーのおまいつさんがちゃんとしていると言うところもあるのかな?

トータルで好感度高かったです

 

 

最後に写真撮影なのですが。

ここはツーショットか全体か選べるんですね。

なので今回は初参加なので全体撮影を選択。

会場にあった椅子を利用して座って撮影。

特にネタ的なポーズなどはつけませんでした。

DSC_0047

今回はモザイクなしで!w

 

ちょっと失敗したのが。

スマホオンリーだったので。

横位置で撮ってもらえばよかったんですけど。

縦位置で撮ってしまったのが失敗。

次回は横で撮ってもらおう!

でもここの照明がなかなかいい感じだったので。

こういうシチュエーションはもうないかも。

 

 

今回初開催の東京アイドル劇場でしたが。

非常にコストパフォーマンスが高く。

それ以上にライブ、物販とストレスを感じることが無かったのが凄いと思う!

会場の特性をうまく利用してしっかりと運営したスタッフのアイデアと仕切りに感謝!

例えば。

いいユニットをブッキングしてもそういう流れがうまくできないと。

結果ストレスがたまって楽しいライブが台無しになったりするんですよね。

今回は特に物販への導線がちゃんとしていて。

ライブ終わりから物販まで自然に流れる感じが出来ちゃうというのが良かった。

それ以降の善し悪しは各ユニット運営の範疇になってくるので。

イベントとしての基本的なパッケージングはこれ以上ないという素晴らしいものだった。

長年対バンの企画なんかやってるイベンターもこれくらい頭使ってくれたら。

どんなに楽しいライブイベントが増えるかと思う。

東京アイドル劇場、次回以降も楽しみです!

 

 

オープン前は色々とネガティブな意見も聞こえてきたけど。

正直そんなのどうでもいい!

楽しいイベントがある。

それだけでいいじゃん!

ヲタがどうこうとかじゃなくてイベントの中身で判断して欲しいですね。

というか。

ライブの本質を考えてみれば。

ストレスなく楽しめるというのが一番なんじゃない?

 

よく目にしたネガティブな意見で。

運営と繋がるとかアイドルと繋がるとかアイドル利用して金儲けだとか。

そういうのに協力したくないとか。

その辺りの感情がボクにはよくわからないのよね。

 

最初にこういう形のライブが行われるという話を聞いた時には心躍りましたし。

2時間のフルライブが出来るほど曲持ってないユニットが単独ライブやりたくても。

なかなか機会が無かったり運営自体が積極的に動けなかったりする訳だけど。

こういう受け口があると運営もヲタも気軽に参加できる感じになると思うのよね。

わざわざ高いお金出して。

仕切りが悪く出演時間が押したり物販エリアも時間もヤッツケの対バンに頼らなくてもいいわけだし。

ミニワンマン的なライブと物販エリアに時間。

運営的にもヲタ的にも場所と時間を占有できるのは非常に大きい。

しんどいよりも快適な方がいいに決まってる!

いいと思えるものを素直にいいと言って楽しんじゃえばいいと思うのよね。

個人的には○○生誕委員とかの方がよっぽどたちが悪い。

 

 

ボクちゃん的にはこういうライブを待っていました!

次回以降も楽しみにしてます!



Tagged: